中折れで悩んでいる管理人の戯言

私が中折れを解決した方法

私は今年で40歳になるのですが、最近妻との夜の営みでの悩みがあります。それは、行為の途中で、萎れてしまい、最後までする事が出来ない、所謂中折れというものです。妻に申し訳ない気持ちと、自分への情けなさで本当に辛い思いをしました。したいという気持ちはあるのですが、最近はその頻度も多くなってきており、あまり私の方からは求められなくなってきました。そんな多くの人が経験する悩みを無事解決できた話です。

 

何度か中折れを経験した後、何とか解決しなければならないと思い、インターネットで色々と調べました。その中で出てきた方法は筋トレをしたり、ツボを刺激したりと、あまりさ効果のなさそうなものばかりでしたが、一番即効性のありそうな、バイアグラなどの精力剤を試してみようと考えました。

 

そして、色々と精力剤を調べる内に値段も考えて、メガリスという商品を試してみることにしました。妻には恥ずかしかったので内緒で購入し、商品が届いた日に早速試してみることにしました。薬を飲んでからは特に変化はなかったのですが、いざ行為の場面になると、明らかに普段とは違う勃起具合で、これは最後までいけそうだという確信が持てました。

 

結果その日は無事中折れせずに最後までする事が出来、ホッとしました。それからは行為の前に必ず薬を服用するようにしており、おかげで一度も中折れすることはなくなりました。諦めずに調べた結果良い商品に巡り会えて本当に良かったです。

 

現在、中折れ対策用のサプリメントもたくさん出ているので、あなたにあったサプリメントを使ってみてください。

男性が原因の不妊とは

いつかは子供を持ちたい。そう思って子作りを励んでいる。でもなかなかできない。これは何か妻の身体に問題があるのかもしれない。それ、ちょっと待ってください。実は男性側に不妊の原因があるかもしれませんよ。気になる方は奥さんだけではなく男性側も一度検査された方が良いでしょう。ここでは男性が不妊の原因になる無精子症について見ていきましょう。
無精子症とは何か?
 無精子症とは精液の中に精子が存在しない事をいいます。これは聞いただけでもぞっとする話ですね。でも実は近年増加しており、10人に1人がこの症状を持っていると言われています。身近なものです。無精子症は閉寒性と非閉寒性の2タイプに分かれます。閉寒性は精子自体は作られているのですが、精子が通る道が塞がれている状態です。一方、非閉寒性は精子そのものがつくられていない状態です。無精子症の8割方は非閉寒性無精子症といわれています。
無精子症はどうしてなるの?
 閉寒性無精子症の場合、精巣輸出管、精巣上体管、精管、射精管などの精子が通る道に問題が起こってしまっているのです。尿路感染、性感染症、鼠径ヘルニアの手術の後遺症などにより閉寒する事が原因でなります。非閉寒性無精子症の場合はホルモンの異常によるもの、精巣の造精機能に問題が発生している物などが考えられます。
無精子症の検査
 フーナーーテストや精液検査で精子が見つけられない場合、あるいは見つけれても数が極端に少ない場合はさらに詳細な検査が必要です。問診、触診、ホルモン検査値などを行います。不妊というと女性に原因があるというイメージが強いですが、男性側に問題がある場合も少なくないです。不妊に悩んでいるなら男性側も検査を受けてみる事を検討されてはいかががでしょうか?